2007年03月03日

二茶の一作(ユーモア川柳)ツナサンド

【お題:ツナサンド】

 ツナサンド 

  妻とお袋 

   はさみ打ち

※ 喫茶店で昼食、久しぶりに「ツナサンド」。これを食べながら、かつて「妻とお袋」のバトルが…。この時、小生はこのツナサンドの「ツナそのもの」との想いが…。世界も家庭も平和が一番と…。
posted by 二茶 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二茶の小話(おばあちゃんシリーズ)ハロードーリー

孫   おばあちゃん、「ハロー・ドーリー」って知ってる。

祖母  なんじゃと。

孫   「ハロー・ドーリー」。

祖母  ばばは漁師町に住んだことない。
    「波浪通り」という所があるとは、知らなんだ。

posted by 二茶 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンタメ日記(二茶の映画)ハロードーリー

【二茶の映画「ハロー・ドーリー」】

 本日は、ミュージカル映画「ハロー・ドーリー!」をご紹介。

 1969年制作、アメリカ・20世紀フォックス映画。監督は有名なミュージカル・スターのジーン・ケリー。出演はバーブラ・ストライサンド(ドーリー)、ウォルター・マッソー(ホレス)、マイケル・クロフォード(コーネリアス)、マリアン・マクアンドリュー(アイリーン)他。

 美しく若くて世話好きのドーリーは、街中で通行人にカードを配る。そのカードには、「貴方とあの人の心を結びます」と…。
 飼料工場の工場主・ホレスは、口やかましく金儲けだけに関心を示す野暮ったい中年男。しかし、帽子屋の美しいアイリーンに一目ぼれ。密かに、恋心を抱くのだった。
 アイリーンをホレスに紹介したのはドーリー、ところが彼女には二人の仲がいいのがしゃくにさわる。そこで、ホレスの従業員のコーネリアスにアイリーンを、バーナビーにはエミーを引き合わせる。さらに、ホレスの姪・アーメナガードと画家・アンブロースとの駆け落ちも、成就させてしまう。
 そこへ、運悪くホレスが登場して大騒ぎになる。その場はドーリーの機転で、後日皆で食事をしようと収める。ホレスはそんなドーリーを見直し、彼女に徐々に惹かれていく。やがてホレスはドーリーに結婚を申し込む。

 ソーントン・ワイルダー原作「結婚仲買人」のブロードウェイ・ミュージカルの映画化。このミュージカル、1964年〜1970年に幕を閉じるまで2844回上演され、「マイ・フェア・レディ」のロングラン記録を更新する。

 若干、話が冗長気味の感がありとの風評もあるが、歌と踊りのミュージカル・コメディとすればかなり楽しめる。又、バーブラ・ストライサンドの熱唱とウォルター・マッソーの渋い演技、さらに、テーマソングの「ハロー・ドーリー!」、バーブラとサッチモ(ルイ・アームストロング)の共演は秀逸。個人的には、ビング・クロスビーのナンバーも好きですが…。
posted by 二茶 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。