2007年03月08日

二茶の小話(おばあちゃんシリーズ)エビータ

孫   おばあちゃん、エビータってわかる?

祖母  わからんのぉ。

孫   女の人だよ。

祖母  ほぉ、そんな人、どこに「オンナはる」のじゃ。
posted by 二茶 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンタメ日記(二茶の映画)エビータ

【二茶の映画「エビータ」】

 本日は、ミュージカル映画「エビータ」をご紹介。

 1996年制作、アメリカ映画。監督はアラン・パーカー。出演はマドンナ(エバ・ペロン)、アントニオ・バンデラス(チェ・ゲバラ)、ジョナサン・プライス(ファン・ペロン)他。

 アルゼンチンの歴史を変えたと言われる伝説の女性「エビータ」こと、エバ・ペロンの短く激しい半生を描いたミュージカル映画。
 貧しい農村出身のエバは、ブエノスアイレスで天性の美貌を売り物に、数々の職業遍歴・男性遍歴を重ね映画女優として活躍し始める。そんな時、ラジオドラマ出演中に軍事政権の副大統領・国防大臣のファン・ペロン大佐に出会う。このころから「エビータ」の愛称を使う。以降、私的にはペロンの愛人として、公的には自分のラジオ番組でペロンの民衆向け政治宣伝を行い、貧しく無学な労働者階級に圧倒的支持を受ける。
 1945年にクーデターが起き、ペロンは軍事裁判で有罪となり刑務所に受刑。エバの献身的な釈放キャンペーンにて、1ケ月後に釈放、二人は即刻結婚。ファン・ペロンは翌年3月、大統領に就任。ファーストレディになったエバは、慈善団体「エバ・ペロン財団」を設立し、貧困者の優遇政策に努めペロン政権の支持基盤を固めた。この点において、聖女と呼ばれる神話ができた。エバの公私混同と言える活動と「バラまき」と言われる無節操な政策に疑問も多く、財団を利用した蓄財や汚職の疑いも受けている。
 この二人三脚の政権は長続きはしなかった。ペロン大統領の強引な政治手法は次第に独裁色を強め、政権の広告塔であるエバが1952年に病没する。享年33歳、2年後、軍事クーデターで政権が倒れるまで、彼女の遺体はミイラとして展示されるのだった。

 このミュージカル、ティム・ライス作詞、アンドリュー・ロイド・ウェバー脚色・作曲、エレイン・ペイジ主演のロンドンのウェスト・エンドで1978年に初演、以来2900回のロングラン。パティ・ルポーン主演で1979年にブロードウェイ公演、1567回上演のロングラン記録。
 又、この映画でマドンナの歌う「泣かないでアルゼンティーナ」はかなりの人気を博した。
 ただ、個人的には、1977年のオリビア・ニュートン・ジョンのナンバーが気に入っている。ミュージカル・ナンバーではなく、オペラ・ナンバーとして聴いていたのである。
 さらに、個人的には、アメリカのTVドラマ「エビータ」・主演はフェイ・ダナウェイも捨て難く思っている。
posted by 二茶 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

二茶の一作(ユーモア川柳)BLTサンド

【お題:BLTサンド】

 BLT 

  ベタナ愛断つ 

   はさみ撃ち

※ BLTサンド、ご存知ベーコン・レタス・トマトのサンド。
  小生の好きなサンドの一つ。これをほおばりながら、恋の三角関係が脳裏に…。そろそろ春、くれぐれもご用心を!!
posted by 二茶 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二茶の小話(おばあちゃんシリーズ)北欧

孫   おばあちゃん、北欧へ行きたいな。

祖母  なんじゃと。

孫   北欧。

祖母  確か、「缶詰」の有名な所かの。
     勉強の「カンヅメ」もきらいなお前がのぉ。
posted by 二茶 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンタメ日記(二茶の音楽)クラシック10

【二茶の音楽「クラシック10」】

 二茶の音楽「クラシック10」は、少しマイナーな北欧・中欧の音楽を3枚ご紹介。

1.シベリウス「交響曲第2番」
 1980年…EMI

 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
 ベルリン・フィルo

 シベリウスの音楽は、いわゆる「標題音楽系列」ではなく「純音楽系列」であることはよく知られている。この交響曲2番は、彼のスタイル確立以前のファンタジーあふれる意欲作であることは有名。そこへ、オールマイティーの巨匠・カラヤンとベルリン・フィルの練達によって、壮大な表現力と楽曲の持つ重厚感を余すことなく再現している名演である。


2.スメタナ「交響詩・わが祖国」より
 1979年…LONDON

 ヴァツラフ・ノイマン指揮
 ライプチッヒ・ゲヴァントハウスo

 チェコスロヴァキアの国民的音楽の祖・スメタナ。その代表作、6曲の連作交響詩「わが祖国」。有名なラファエル・クーベリックの後任、ヴァツラフ・ノイマン。世界最古の歴史を持つライプチッヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団との取り合わせは最高。「わが祖国」の中で最も人気があるのが、モルダウ。プラハ市内を流れる河の名前で、その雰囲気を的確に表現している。


3.シベリウス「交響詩フィンランディア、組曲カレリア、交響詩ルオンノタール、交響詩タピオラ、交響詩エン・サガ(伝説)」
 2000年…DECCA

 ヴラディミール・アシュケナージ指揮
 フィルハーモニアo

 長い間欲しかったシベリウスのオムニバス。現在、N響の音楽監督のアシュケナージ。名ピアニストであり名指揮者。又、イギリスのオーケストラはシベリウスの音楽に愛着を持っており、フィルハーモニアもその例外ではなく好評を博している。交響詩フィンランディアは、帝政ロシアの圧政時代の愛国・独立運動をフィンランド国民に勇気を与えた。組曲カレリアの第3曲「行進曲風に」は、かつて「兼高かおる・世界の旅」と記憶しているTV番組のテーマ音楽でもお馴染みである。
posted by 二茶 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

二茶の一作(ユーモア川柳)ツナサンド

【お題:ツナサンド】

 ツナサンド 

  妻とお袋 

   はさみ打ち

※ 喫茶店で昼食、久しぶりに「ツナサンド」。これを食べながら、かつて「妻とお袋」のバトルが…。この時、小生はこのツナサンドの「ツナそのもの」との想いが…。世界も家庭も平和が一番と…。
posted by 二茶 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二茶の小話(おばあちゃんシリーズ)ハロードーリー

孫   おばあちゃん、「ハロー・ドーリー」って知ってる。

祖母  なんじゃと。

孫   「ハロー・ドーリー」。

祖母  ばばは漁師町に住んだことない。
    「波浪通り」という所があるとは、知らなんだ。

posted by 二茶 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンタメ日記(二茶の映画)ハロードーリー

【二茶の映画「ハロー・ドーリー」】

 本日は、ミュージカル映画「ハロー・ドーリー!」をご紹介。

 1969年制作、アメリカ・20世紀フォックス映画。監督は有名なミュージカル・スターのジーン・ケリー。出演はバーブラ・ストライサンド(ドーリー)、ウォルター・マッソー(ホレス)、マイケル・クロフォード(コーネリアス)、マリアン・マクアンドリュー(アイリーン)他。

 美しく若くて世話好きのドーリーは、街中で通行人にカードを配る。そのカードには、「貴方とあの人の心を結びます」と…。
 飼料工場の工場主・ホレスは、口やかましく金儲けだけに関心を示す野暮ったい中年男。しかし、帽子屋の美しいアイリーンに一目ぼれ。密かに、恋心を抱くのだった。
 アイリーンをホレスに紹介したのはドーリー、ところが彼女には二人の仲がいいのがしゃくにさわる。そこで、ホレスの従業員のコーネリアスにアイリーンを、バーナビーにはエミーを引き合わせる。さらに、ホレスの姪・アーメナガードと画家・アンブロースとの駆け落ちも、成就させてしまう。
 そこへ、運悪くホレスが登場して大騒ぎになる。その場はドーリーの機転で、後日皆で食事をしようと収める。ホレスはそんなドーリーを見直し、彼女に徐々に惹かれていく。やがてホレスはドーリーに結婚を申し込む。

 ソーントン・ワイルダー原作「結婚仲買人」のブロードウェイ・ミュージカルの映画化。このミュージカル、1964年〜1970年に幕を閉じるまで2844回上演され、「マイ・フェア・レディ」のロングラン記録を更新する。

 若干、話が冗長気味の感がありとの風評もあるが、歌と踊りのミュージカル・コメディとすればかなり楽しめる。又、バーブラ・ストライサンドの熱唱とウォルター・マッソーの渋い演技、さらに、テーマソングの「ハロー・ドーリー!」、バーブラとサッチモ(ルイ・アームストロング)の共演は秀逸。個人的には、ビング・クロスビーのナンバーも好きですが…。
posted by 二茶 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

二茶の一作(ユーモア川柳)エンタメ

【お題:エンタメ】

 かぶれるか 

  歌舞音曲(かぶおんぎょく)の 

   縁(えん)のため

※ 人間って、歌・踊りは好きですね。
   まさに、こういった「縁のため」、「エンタメ」ですね…。
posted by 二茶 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二茶の小話(おばあちゃんシリーズ)バレエ

 孫   おばあちゃん、バレエは好き?

 祖母  はあ、なんじゃ?

 孫   踊り。

 祖母  ばばはこう見えても、若い頃は「名取」の一歩手前じゃ。

 孫   へえ「ナトリ」、名前がなくなるの?
posted by 二茶 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。